スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ロイヤルガラ7/10
(=・ω・)ノ豪華でした!
一日限りのロイヤルガラーー。

個人的に心配事を抱えてたのでちょっと舞台に集中しきれなかったのが悔やまれる…です…。観る側のコンディションも大いに影響するよな…。

そんななかでもがっつり舞台に引き込んでくれたのがコジョカルとコボー。迫真の「マイヤリング」。もう絶対にどんなことになってもふたり!という強い意志を感じる舞台でした。心身共にボロボロになったルドルフに(コボーがまたこういうのが上手いね…)に命を懸けてつくすマリー…。飛び込むような激しいリフトの連続に感情のうねりが見えるようでした。すごーい。

そして「雨の後に」もしっとりとした二人の踊りが、動きのハーモニーとでもいうか気持ちよかったです。ソアレス、踊りが好きってわけじゃないのに何故か好きなダンサーですwwwなんだそれと言われそうですが、良い人そうな人が好きなんですよ。舞台にいるだけでなんか癒される…というか潤いを感じるんですわー。ヌニェスと踊ってるとそんな心地よさを感じさせてくれるよ、このひと。そしてヌニェスも独特の美しさがありますね、なんか説明しにくいんですが動きが個性的!

最後の作品のシンフォニーインCもほんと華やかに締めくくってくれて、よかったです!いいなぁ!バランシン!!

マルケスとマックレーのドンキ、マックレーてばバジルのときは生意気そうなというかちょっと気取った風というか、ニヤリとした笑いするのよね…wマルケスはなんか元気ない感じだなーと思ったら途中で脚痛めたんですね;;

コンチェルトのペネファーザーがいつもとメイクがちがう…?のかな??ちょっと違った雰囲気だった気が。スタイルいいし、シンプルな衣装にきれいな振付が似合っててよかったです!

アコスタとベンジャミンのマノンも良かったー!ベンジャミンのパドブレが情熱的というかドキドキ感を表してるみたいでぐっときました。

ジュビリーパドドゥも面白かった!純クラシック風でありながら、たまに意表を突くような動きがアクセントになっててスリリングで目が離せませんでした。

あと、金子さん素敵だった(´▽`*)なんというか独特の華があるかんじ。一緒に踊ったキッシュよりもずっと小柄なのに踊ってるとすごく大きくみえました。
あ、日本人ダンサーというと高田茜さん、前よりも可憐な雰囲気になってて観てて癒されました~。かわいい女の子いいね…!

やー(・ω・)ノたのしかったです!
スポンサーサイト
【2013/07/12 00:15】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ロイヤルバレエ「白鳥の湖」7/12 | ホーム | ロイヤルバレエ「不思議の国のアリス」7/5ソワレ、7/6マチネ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nyahurog.blog39.fc2.com/tb.php/100-23e63fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。