スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
2/5ボリショイバレエ「スパルタクス」名古屋
さて早速観劇日記。観てきました!
名古屋へのバレエ遠征ははじめてでドキドキですた(´▽`*)
イワン・ワシーリエフが楽しみで取ったこの日!
チケットの発売が早かったので出遅れて、3階席と席はかなり後ろのほうでしたが…充分に楽しめるお席でした。8倍オペラグラスで丁度ダンサーの全身が映る感じで距離的にも丁度良かったです。

ワシーリエフの移籍で来日が心配されていましたが、来日してくれて本当ーーーに良かった!ありがとう!!

ワシーリエフのあのどっしりとした男らしい重量感のある歩き方、元々好きだったんですがスパルタクスのキャラに本当に合ってて格好良さ倍増ですね…。3幕、飛ぶわ回るわなのに疲れしらず、最後まで高いジャンプに長い回転、堪能でした!ジャンプが高いだけにポーズも余裕もって決めて本当に綺麗。素晴らしかったです。
とにかくスパルタクスそのものなワシーリエフ、舞台に出ていると目が釘付けでした(´¬`*)満喫ー

ルンキナとの2つのパドドゥは、キスしたり抱き合ったりと振り自体は情熱的にも関わらず、あまり愛を感じない淡白な雰囲気だった気がします。そんな雰囲気が戦いへ赴く男の意思を感じさせる様で好きですが!力強いリフトも多いですしね(´▽`*)いや、ここがもっとラブラブな雰囲気でもラストがより切なくなっていいのかも…?いや、でも…どうなんでしょう!?

エギナのシプーリナの踊りがめちゃカッコよかった。クラッススのヴォルチコフと並んで同じ振付を踊っていてもシプーリナの方が迫力ある気さえして…ヴォルチコフは、司令官とはいっても弱めというか権力だけで実績まだなさそう系に見えるかも…!スパルタクスとの一騎打ちで最初に切りかかられそうになってビビって、あとで「今のビビったんじゃないからな!!」みたいに周り睨むのがもうwww虚勢はってそうな!カーテンコールといい所々小芝居の効いた演技でしたよねww
3幕開始のソロとか凄~い悔しそうでそこが一番よかったかな、迫力あった!えび反りジャンプも一番綺麗にきまってた気がします!

カーテンコールではシプーリナとルンキナ、二人ともが指揮者を迎えに行こうとしてお見合いになってた。で、結局シプーリナがエスコート。そういえばカーテンコールの登場順もエギナのシプーリナの方が後でちょっと意外でした。でもそれも納得なくらいエギナの役には見せ場がたくさんでしたもんね!
2002年にもこの演目観ているのですが一番印象に残ったのはステパネンコのエギナでした。かっこよかったなぁ…2002年の時ははじめて観たうえ、バレエ鑑賞はじめても間もなかったので、演技まではしっかり覚えていないのが一寸悲しいところ!
今回もアレクサンドロワとシプーリナではキャラクターの造り方が違っていたと言う感想も見かけたので、アレクサンドロワも観たかったです…!

迫力の群舞に素晴らしいプリンシパル陣、流石のボリショイの舞台堪能でした!

スポンサーサイト
【2012/02/08 23:00】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2/11ボリショイバレエ「ライモンダ」兵庫 | ホーム | 再発進ぶろぐ(・ω・)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nyahurog.blog39.fc2.com/tb.php/51-5a41e969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。