スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
アリーナ・コジョカル ドリームプロジェクト
Aプロ18日、Bプロ23日観てきました!
プログラムの多彩さも、ダンサーの素晴らしさも堪能の公演でした。

開幕の「ラリナ・ワルツ」、クラシックな振り付けでテクニックの見せ場もあって、オープニングらしい華やかさ!はじめて観るダンサーもいるので、まず顔を覚えるのにも最初にこういう演目があるのは嬉しいかも!

「ローズ・アダージォ」、出だしのアラスゴンドでのバランス、ゆっくりと上げて綺麗にキープ、余裕を持ってゆったりと下ろす…これだけでもう涙でそうなくらいに感動してしまった。本当に綺麗…。男性陣も衣装はシンプルながらばっちり王子様してて、コジョカルが他の王子にサポートされて踊っている間にも、うっとりと愛しげに見つめたりとお芝居を欠かさないので見所が多すぎて眼が5人分欲しかったです!豪華!!お花拾って配ってるマックレーが可愛かったよね…

「レ・リュタン」も面白かったー!これが一番気に入ったかも。とにかくテクニックの見せ場盛り沢山!ダイナミックなジャンプのポルーニン、細かいテクニックまで正確で美しいマックレー。そしてコジョカルの愛らしさ!ヴァイオリンのチャーリー・シェムの演奏もダンサーとの息がピッタリで気持ちいい!短い演目だけど最高に楽しめました。

Bプロの「ザ・レッスン」、コボーの登場の不審者っぷりが素晴らしくてwじわじわーっと生徒へ関心が高まるにつれてコミュ障っぽい挙動不審さが、執着心にとって変わっていく様…!最後の殺害はやや突飛というか発作的にやっちゃった、な感じでしたけど、ピアニストさんと割りと淡々と処理しちゃってたあたりが、この人ってこういうこと繰り返してそうだなーと思わせますね…。
最初に幕が開いた途端にセットの色の美しさとちょっとダークな雰囲気を醸す暗めの赤が印象的でした。照明の感じがいいんだなぁ…!

二人の会話が聞こえてきそうな「タランテラ」も楽しかったー!バランシンらしくない…って残念がっていた人もいましたけど、この作品を殆ど観たこと無い無学さが幸いして楽しめてしまいました。競うように軽快に踊る二人が可愛くてwwマックレー、作品ごとに違った演技・表情を見せてくれるじゃないですか、ちょっとかっこよく飛べたあとなんかドヤ顔でマルケスみちゃったりしてさ…。
昔チャイコフスキー・パ・ド・ドゥでクラシックみたいな動作、表情で踊っているのを観て違和感を覚えた事があるんですが、バランシンファンから観たこのタランテラがそんな感じだったのかしら…と思いつつ。

この公演で前から大好きだったコジョカルがますます大好きになりました。演劇性からテクニックの素晴らしさまで、いい演目を持ってきてくれたのも含めて楽しませてくれて感謝でいっぱい!演技も彼女らしい可愛らしいものから椿姫の様にドラマティックなものまで…これでまだ30歳というのですから、これからがまだまだ本当に楽しみです。テクニックでは↑に上げたローズ、エチュードで見せた高速シェネにダイナミックなジュテ、そしてドンキホーテで見せてくれた素晴らしいキープと脚の高さのイタリアンフェッテが印象に残っています。

そのコジョカルをがっつりサポートしたコボーも素敵でした。ドンキホーテの片手リフトをあんなに綺麗に真っ直ぐと脚を上げて決めるペアもあんまりはいませんよね…!流石にお歳か、ジャンプ系は若干重いものの、回転やブルノンヴィルの脚捌きの素晴らしさ、そしてザ・レッスンの怪演、堪能でした。

そして以外だったのがカスバートソン…実は以前に観たときは然程印象に残らなかったダンサーだったんです…。全幕の主演だったのに!でも今回、伸びやかな手足の使い方に魅了されました。なんかテクニックが、とかじゃないんですが女性的で温かみがあるというか…雰囲気かなぁ。好きです。




最後にちょっと残念なおはなし
「椿姫」です。
前半は良かった…。
不本意に別れた二人、特に事情を知らないアルマン、ちょっと意固地な位に表面上はマルグリットを拒む…。そう表面上は。リアブコのアルマンはどこか拒絶するように、でも身体は自然とマルグリットの動きにどんどんシンクロしていく…そんな相反する感情を見事に体現したリアブコの動き、もう、ここだけで涙があふれそうでした…!コジョカル大好きな私ですけど、この作品だけは圧倒的にリアブコの方に眼がいってしまっていた…本当に素晴らしいアルマンでした。
が、後半、黒衣から白い衣装に変わるあたりからピアノ演奏が乱れはじめ、タッチが抜ける、ミスるだけならまだいいんですがテンポが一定しない…音楽と踊りがどんどんずれていってしまった…。そのせいで後半は踊りに集中することができなくなってしまってちょっと最後の盛り上がりが残念なことに…
うーん、いっそのこと音楽は気にしないでもっと視覚に集中して観ればよかったとかなり自分にもガッカリ。でも演奏…大事だと思います…orz
スポンサーサイト
【2012/02/29 21:31】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<3/10 ジキル&ハイド | ホーム | 2/12ボリショイバレエ「白鳥の湖」兵庫>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nyahurog.blog39.fc2.com/tb.php/54-dccf09ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。