スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
5/3 ウィーン国立バレエ「こうもり」
兵庫芸術文化センターで観ました!

ローラン・プティの「こうもり」を観るのははじめてでした!

ルグリが思った以上に踊る役でめちゃ楽しかった!
コミカルな演技も可愛いし。
全力でベラが好きな感じなのに、夫婦の仲を取り持つポジションだなんて…最後の去る姿が可愛そうで愛おしかった(・ω・`)なんだか背中に哀愁漂ってて…!切なくなってしまった。
シュトラウスの華麗な音楽に合わせて軽快に踊るルグリ、音のアクセント毎に動きにも自然且つハッキリとアクセントを乗せてくる!ベラに踊りの手ほどきをするシーンのかっこよさ、チャルダッシュでの可愛さ、牢獄のシーンでのコミカルなダンス!ルグリを全力で堪能できたー、幸せやわー!!
サポート(二人とも手を上に上げて女性がピルエット)で一度手が離れてしまった??ルグリでもミスしちゃうんだッ…!と驚いた後には回転数の多く、速度も速いピルエットのサポートを華麗に決めて挽回していましたね!流石ルグリ!

ヨハン役、ラツィク。もう若くない旦那が、若さを求めてはりきっちゃってる系に見えるwwwそろそろ落ち着きなさいな、とハサミで翼を切られて、熟年夫婦のようなカップルに生まれ変わるんだ(・ω・)脚も長くポージングは中々に美しいダンサーでしたね~、もうちょっと動きにキレがほしかったかも!でもそんなちょっとモサッとしたところも、最後は羽を失うこうもりらしい雰囲気ではあったかも…w

クルラーエフはこの役をどんな風に踊ったんだろう?ガラで観た印象、ラツィクとは結構踊りやキャラクターの出し方が違っていたように感じたので、クルラーエフのヨハン観て見たかったなぁ…(´・ω・`)

マリア・ヤコヴレワ、こんな魅力的な奥さんがいるのになんで夜遊びするのー!っていう位にスタイル良くて可愛い。旦那の眼は節穴だ(・ω・)1幕4場のソロがきれいだった!もーほんとかわいい!

旦那の眼が節穴なのも、妻自身も自分の魅力を知らなかった、全て知っていたのはウルリック。だからこそ変身を手助けできた。でも彼自身は報われない。コメディだけど彼には重ね重ね可哀想な結末だなぁ…!(´¬`)だがそれがいい…!

チャルダッシュの木本君、相変わらず清涼感漂う踊り、ピルエットがめちゃきれいでしたねー!彼へのブラボー、多かった気がします。やっぱ地元だからかな??暖かくてなんだかウレシイなぁ~w
スポンサーサイト
【2012/05/04 00:56】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<5/12 大阪サウンドオブミュージック | ホーム | オペラグラス買換え作戦(・ω・)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nyahurog.blog39.fc2.com/tb.php/63-6ddc4cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。