スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
東京バレエ団&シムキンのくるみ
11日公演を観てきましたーw
実は抱き合わせで買ったので、あまり乗り気でなく行ったのですが…いや、行って良かったです!!

シムキン君の全幕は東バのドンキ以来の2回目なのですが、作品へのマッチング度としては「くるみ」の方が良かった様に感じました。シムキン君、ドンキも勿論テクニック面では文句なしに素晴らしかったですけど、バジルというには子供っぽすぎて男らしいまっちょ感とかが足りなくて…w
その点、くるみは童話から抜け出てきた可愛らしい王子様、といった感じで、しかも踊りの端整さもあって本当にファンタジックな舞台を魅せてくれました。アラベスクなどのポーズやランベルセ、柔軟性を存分に発揮してええもん見せてくれました。
王子のヴァリエーションでの回転もピルエット中にパッセの位置を徐々に変えて回転速度のコントロールまで。それでいて「みせつける」感がなくて…。踊りが本当に端整で綺麗なんですよね…ウットリ。
問題視されている(?)リフトも着実に進歩が見えるし(というか相手次第なのかなぁ?)シムキン君の魅力の新しい一面が見えた公演でした。

やー、ほんと良かったです。

インテンシオがぐっと楽しみになりました!
スポンサーサイト
【2012/11/13 21:06】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ジーザス・クライスト・スーパースター | ホーム | 10/13 熊川さんのドンキ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nyahurog.blog39.fc2.com/tb.php/84-d0001a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。