FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
マラーホフの贈り物ファイナルAプロ
二日間とも見てきたよ。
やっぱりマラーホフ大好きなんや。
ついったーを大いに賑わせたNBSさんが初日に撮ったカーテンコール後の集合写真。
たしかに!すごい!!でも現物よりも!!!誇張してみえるよあの写真!!!!

まだアンオーにしたら肋骨が浮いてくる位ではあるのにダンサーとしてはデブ…。ほんまバレエは厳しい世界ですな…。

それはさておき(・ω・)

公演はとっても楽しかったです。
プログラムのバリエーション富んでて!

マラインのギルティ、エフィみたいな痙攣とか急にパーン!とかそんな動きの多い振付だったけど、もうなんというか自分、マラインの作り出す空気が好きみたい。動きと感情がシンクロしてるっていうか、踊りが振付なぞってる感が全くなくて心からの動きに見える。だから痙攣とかカクカクとかも魂が揺れてるみたいで心鷲掴みにされるん…。
アイシュバルトとの作品も同じくコンテだったけど、ちょっとメランコリックというか彷徨う感のあるギルティに比べこっちはかっこええかったです。

以外にえがったのがタマズラカル。ちょっと緩いというか踊りの精度的に甘いなという点もあるのは否めないんですが、なんといっても朗らかな雰囲気というか、キャラ立ちしてきたなって。で、踊りのムードのそんな雰囲気になっているのでそのマッチ具合が小気味いいというかですね。ブルジョワ、シムキン程の超テクでもないんだけど、そのキャラが可愛くて楽しい作品になっててよかったなーと。いい笑顔出るようになりましたね、このこ。
あと地味に足音が少なくていいね。

スミルノワはなんとなく好みな白鳥&黒鳥ではなかったです…。足さばきはふつうなのに腕だけオーバー感があるというか、、、、お相手のチュージンは堅実な踊りでけっこーすきです。髪型がちょいアレやとおもうんですが、あのライオンヘアーなんとかならないのかしら。あ、ワシリエフでも同じことおもったわ…。コーダのマネージュの足の跳ね上げ具合が元気ですねー。高い!なんか他の人がやってるのとは違うものにみえる?不思議。

ラカッラとディノ!TWOのふたり版おもろかったですね。TWOとかはもう演出というか照明効果の勝利というか、インパクトな作品なんで、ギエムで何度もみてると今更・・・と思ってたんですが、二人でやると緊張感がまた違って良かったです。あーでもラカッラばっかりみてたかも…。ディノさん影…。スタイルもいいし上半身もなかなかいい筋肉の形してていいね!…とカテコで思いました。踊り観てやれよ。
椿姫はもーラカッラ、言葉にならないです。後半アルマンを見ながら、はっと我に返り「どうして来てしまったんだろう…」みたいな後悔を込めた顔をしてて。。。それがまた苦しくて。そういう心境表現が多彩でひき込まれました。

まらーーーほふーーーー。
ラ・ペリのあの衣装はだめだとおもいました!!

だめだしはここまでだ!

こう…どうしても昔の面影を見ながら見てしまうのは仕方ないよね。マラーホフらしいつま先の美しさとか手のつかいの上品さ、しなやかさ…。残っているものを見ながら、スタイルとか残ってないものをつい心の目でみてしまうのかな、だんだんおなかも気にならなくなって、やっぱりマラーホフやー!と魅入っていました。
瀕死はそんなマラーホフの美質を今でも残っている部分を良くみせた作品だったと思います。あのナルシスティックな雰囲気もね。

うーん、やっぱりマラーホフ大好きやねん…!
スポンサーサイト
【2013/05/22 23:46】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<マラーホフの贈り物Bプロ | ホーム | ベジャールバレエBプロ3/9>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nyahurog.blog39.fc2.com/tb.php/92-b0a7335b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。