FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
パリ・オペラ座バレエ団「天井桟敷の人々」5/31
ルテステュ&ビュリオンの舞台でした(´▽`*)
ビュリオンのバチスト!
マチューのを観ていないので何とも言えませんが、ビュリオンの個性が活きたキャラクター像がめっちゃ浮かび上がってきていました。もう一言でいえば生きるのに、人間関係に、すべてにとにかく「不器用そう」な男。それでいてどこーかその不器用ながらひたむきな姿がきっとナタリーやガランスを惹きつけるんですね…。
あのソロ。もんのすごい印象的でした。
ビュリオンって表情は比較的無表情ですし、踊りも時に固い。そんな雰囲気が上手く不器用だけど誠実というかひたむきそうーに観えるんです。それが凝縮されたのが、2幕で踊られたソロ。…2幕でしたよね…?
ちょうどyoutubeにあったので貼ります

http://www.youtube.com/watch?v=ZCI68e5sF3Q

なんともいえない哀しさと、やりきれない思いをかなえようともがく姿にみえます。不器用な男が高嶺の花に恋をした…いやしてしまったばかりな、そんな姿にみえます。

ラストのパドドウでは、ビュリオンにしては珍しく表情の演技が感じられました。あのガランスを観る哀しい目。それでもガランスは去り、哀れな道化が取り残される…なんとも物悲しい、そして余韻のある幕切れ。

舞台に浸りきれました。


あと良かったのがペッシュー。
それはそれはギラギラと悪どい良いキャラが光ってましたwwなんだろう、ペッシュに初めて恋したわww

ヤン・サイズはおひげを蓄えた渋面で登場ー。フラれキャラwwこう、舞踏会で赤っ恥なシーンとかもうちょーっと怒りをおもてに出してもーとも思いますが、伯爵のプライドがそうさせないって解釈もありか…?静かに怒りを貯めて最後にシャウトで爆発でしたなー。カテコで並ぶとヤンの背の高さとなにより顔の小ささにビックリでした…。

凄かったのが休憩中のロビーパフォーマンス!カールが!カールが!!パンチしたら届きそうな距離にいるんですよーーー!いやもう、こんな近くで観れちゃっていいの…みたいな嬉しさと、近くでみたら想像以上に美しいカールのお顔はもちろん動きのひとつひとつに感動のあまり震えすらでる始末ww存在感というかとにかく全てすごーい!!
こんなパフォーマンスまで仕込んでくれてありがとう、ジョゼ…。みたいな感謝もしつつ魅入りましたww

フレデリックというキャラクターもあらすじを読んだ段階でもうカールのイメージにぴったりすぎて、楽しみでたまりませんでしたが、舞台でみてもまったくその通りでした!でも登場のライオンきぐるみには笑いましたwwwあのバレエ界屈指のいけめんさんなカールがキグルミですよおおおおwwwと思うとそのちょっと出来の悪いライオンと中身のギャップにニヤニヤしてしまいました…www

やー、ほんま多方面楽しかった舞台でした!
改めてありがとうージョゼ!!

作品が未知数&資金難のため一公演しか買いませんでしたが…マチューだと作品の印象自体違ったことになりそうで、見比べたかったです…;;それだけが後悔!!
スポンサーサイト
【2013/06/01 23:20】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<レ・ミゼラブル6/7ソワレ | ホーム | マラーホフの贈り物Bプロ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nyahurog.blog39.fc2.com/tb.php/94-03f85800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。